ニセ電話詐欺の「出し子」を担っていたとして、岐阜県警岐阜北署は2日、窃盗の疑いで住居不定、無職の男(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月30日、仲間と共謀し、岐阜市の女性(86)からキャッシュカード8枚をだまし取り、市内のコンビニエンスストアなどで現金計約250万円を引き出した疑い。

 署によると、防犯カメラの映像などで男が浮上し、1日に指名手配していた。2日に埼玉県警浦和東署の署員が浦和東駅付近で見つけた。容疑を否認している。