ニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比76・65ドル高の3万2803・47ドルで取引を終えた。米景気の先行きに対する過度な懸念が後退し、買い注文が優勢となった。

 朝方発表された7月の米雇用統計の内容が市場予想を上回り、一時は米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ加速への警戒感が高まって240ドル近く下げた。売り一巡後、景気動向に敏感とされる銘柄が物色されてプラス圏に浮上した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、63・02ポイント安の1万2657・56。