岐阜1区(届け出順)
土田正光候補(77)(諸派・新)

20211021135540-2e44c6e7.jpg

勝率日本一の元プロ棋士

 「平和慣れし、政治に無関心の人が増え、国民の権利である選挙の投票も放棄している。この現状を訴え、政治への関心を高めていく」と決意を語る。

 以前から政治改革を呼び掛け、9月には政治団体「改革未来党」を立ち上げた。「一代で改革はできない。立候補を機に、引き継いでくれる若い人を発掘したい」と先も見据える。

 10歳から囲碁を始め、プロ棋士の道へ。34歳で九段となり、全国勝率1位に輝くなど活躍し、60歳まで現役を続けた。「対局は精神的に苦しいが、ただ全力を尽くすことを心掛けた」

 自宅で開く囲碁教室で子どもから90代までの生徒を教え、「日本一厳しい先生」と自身を評する。健康の秘訣(ひけつ)は「自由に好きな物を食べ、寝たい時に寝る」。旧明郷中卒。岐阜市金竜町。

私の政策

 ①財政再建、赤字脱却。毎年国債を発行、金の垂れ流しを止める。②政治屋さんをなくし政治不信解消。議員がファッションで金を取って人気取りに走り、単なる日給取りになっている。③在住郷土愛が人一倍強く、岐阜を全国先進県と県民にする。④外国人共存。文化、言語、感覚が日本人と違う人と共存する対策。⑤棋士は政治に最適。資源と人を適材適所に最善活用する棋士を政治家にする。⑥議員報酬を減額。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

減税し購買意欲向上

 ①消費税を減税し、国民の購買意欲を高め、成長率の向上を図る。

 ②安倍政権は50点。菅政権は60点。毎年国債を発行し、金の垂れ流しを行った。

 ③大企業の優遇税制をやめる。

給料上げ子育て推進

 ④企業が社員へ支給する給料を引き上げ、子育てしやすくする。

 ⑤教育の意識改革を行う。


山間地域に工場誘致

 ⑥過疎地でも生活できる補助金を支給する。山間地域に工場を誘致し、税収を高める。

 ⑦政見放送を聞いて、財政再建に取り組む人か否かを見てきた。

川本慧佑候補(30)(立民・新)

20211021135644-f5e1679e.jpg

海外の会社で多くの仲間

 政治家を志すきっかけは、高校2年生の時、病に伏せていた曽祖母との会話だった。戦争を経験した曽祖母から飢えや貧困、反対できない風潮で苦しんだことを聞き、「戦争がなく、誰もが豊かで健やかに暮らせる社会を実現する」と決意した。

 大学新卒でシンガポールの証券会社に就職。業績が上がらなければ解雇される環境の中、子どもの頃から続けてきたサッカーが助けてくれた。会社のサークルで多様な国籍の社員と交流し、互いに支え合う仲間を得た。

 妻は香港出身のコーラさん(29)。出会いは大学時代、米国留学中に知り合い、意気投合した。日本での生活に慣れない中でも互いに支え合っており、「時にはぶつかることもあるが、自分の一番の理解者」と語る。早稲田大卒。岐阜市入舟町。

私の政策

 「弱者を助ける」から「弱者を生まない」全世代型社会保障に転換する一方、超大企業と富裕層だけが豊かになる金融政策頼みから脱却し、強い実体経済を取り戻すため、ICT(情報通信技術)や子育て、教育などの分野で、バラマキで終わらせない「未来への先行投資」を積極的に進める。また、ワークライフバランスの浸透、選択的夫婦別姓など、これからのライフスタイルに必要な制度を導入する。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

家計温め消費伸ばす

 ①給付付き税額控除や時限的な消費税減税、所得税減免など、冷え込んだ家計を温め消費を伸ばす政策を実行。

 ②安倍政権10点、菅政権10点。権力私物化、日本のリーダーにふさわしくない言動。コロナ封じ込めが後手に。

苦労報われる社会に

 ③社会がいびつで公正さを欠き、閉塞(へいそく)感が募っている。働く人の苦労が報われる社会に変えなければならない。

給付型奨学金を拡充

 ④子ども省設置。子ども・子育て予算倍増。給付型奨学金の拡充、不妊治療の保険適用などさまざまな若者政策。

 ⑤社会からの孤独、孤立を余儀なくされている人々に対するケア。実態の把握と身近な相談ができる態勢づくり。

 ⑥テレワークを活用した創業の促進、農林水産業の6次産業化などで現金収入が得られる職種を増やす必要がある。

 ⑦街頭に立つ候補者の表情から伝わる誠実さや熱意、重点政策として何を訴えるかに関心を寄せていた。

野田聖子候補(61)(自民・前)

20211021135926-2ff438b8.jpg

息子にとって理想の母に

 26歳の時、祖父の故野田卯一元建設相の支援者の要請を受け、帝国ホテルを辞めて県議選に出馬し、初当選した。「(支援者の)自分たちに任せろの一言で、何も分からないまま東京から岐阜に来た」と振り返る。

 青色のスーツを好んで着るが、最初の選挙時は「目立つため」と赤色だった。試行錯誤の末に緑色にしたが、「小池百合子都知事と重なってはいけない」と、今の青色に。総裁選時に着たチェック柄のスーツは「持っている中で上等な服。総裁選という晴れの日はきちんとした格好をしたかった」と笑う。

 卵子提供を受けて50歳で長男を出産。「いつまでも若々しく、疲れや老いを見せないよう、息子にとって理想的な母親でありたい」。夫の手料理が好き。上智大卒。岐阜市加納城南通。

私の政策

 子ども・子育て関連への予算を確保するため、予算編成の在り方を全面的に見直す。大きな変化のためには、無駄な予算を思い切って切ることが必要。子どもは人類の希望であり、国の宝。子どもへの投資は惜しんではならない。「こどもまんなか社会」のために、こども庁を設置、子どもに関連する少子化や貧困問題、児童相談所などの社会援護、保育、幼児用教育、学校教育などを集約し、子どもを守れる社会を目指す。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

接種パスポート活用

 ①マスク、うがい、手洗いの継続依頼の上、ワクチン接種パスポートを活用し、旅行や飲食を段階的に解禁。

 ②無回答。

 ③生活困窮者に現金給付し、最低限の生活を維持。プッシュ型サポートで不安を取り除き、消費を維持する。

子育て支援、政策の柱

 ④最大の危機である少子化による人口減少に立ち向かうため、子育て支援を政策の柱に全政策を作り変える。

認め合い偏見なくす

 ⑤それぞれが違うことを認め合い、話し合い、分かり合うことで偏見をなくすこと。

 ⑥地域資源、産業を生かした地域競争力強化、専門人材確保と育成、地域特性に応じた稼ぐ地域の実現を図る。

 ⑦政治家であった祖父を見て育ったので、政治が身近な存在だった。

山越徹候補(51)(共産・新)

20211021135940-dd685be7.jpg

トイプードルと毎日散歩

 家庭の経済状況から全日制の高校進学を諦め、定時制を選んだ。「子どもが自由に進学できる社会であるべきだ」と自らの境遇を振り返りながら語る。

 2015年の岐阜市議選で選挙に初挑戦した。前回衆院選は土壇場で比例単独に回り、落選。国政選挙の選挙区に初めて挑む。

 両親とも共産党員。共産主義の資料、綱領を読み、身分や経済格差のない平等な社会の実現を目指す記述に心を揺さぶられた。「誰もが安心して働き、暮らすことのできる社会をつくりたい」と言葉に力を込める。

 特技は料理。最近、早くも鍋料理を作った。旧羽島郡柳津町議を務めた母を介護する。愛犬のトイプードルと毎日散歩する。岐阜工業高校定時制卒。岐阜市柳津町上佐波。

私の政策

 弱肉強食の新自由主義から命と暮らし第一の政治に転換。①医療、介護、保育などケア労働を支える。②働く人の「使い捨て」をやめさせ、8時間働けば普通に暮らせる社会に。③お金の心配なく、学び、子育てできる社会に。④コロナ危機で困難に直面する中小企業、農林水産業を支援、地域経済を再建。⑤税金の不公平を正す。消費税減税。富裕層・大企業への優遇を正す。⑥気候危機打開と一体で、災害に強い社会に。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

ケア労働の待遇改善

 ①医療・公衆衛生の基盤を立て直す。ケア労働の待遇改善と社会保障の拡充。

政権が暮らし壊した

 ②安倍政権はマイナス800点。菅政権はマイナス100点。毎年のように命・暮らし・民主主義・憲法を壊した。

 ③非正規がコロナ危機で真っ先に仕事を奪われた。非正規から正社員への流れをつくり、均等待遇を進める。

 ④8時間働けば普通に暮らせる社会に変える。お金の心配なく、学び、子育てできる社会に変える。

 ⑤男女平等を全分野で保障。女性の社会的、法的地位の向上。性的指向と性自認を理由とする差別をなくす。

中小への賃上げ支援

 ⑥最低賃金を時給1500円に引き上げ、全国一律の最低賃金制度にする。中小企業への賃上げ支援を強める。

 ⑦社会的弱者に寄り添い、公約・政策化し、実現のために行動してきたか。有言実行のありよう。

岐阜2区(届け出順)
三尾圭司候補(45)(共産・新)

20211021142644-83fb8ed7.jpg

プロ目指した音楽バンド

 小中高校と大垣で育ち、大学卒業後は会社員として働く「隠れ共産党員」だった。昨年に党から打診を受けて挑戦を決意。2人の息子を育てる中で「子どもたちを送り出した先に幸せな社会が待っていない状況をどこかで変えたい、という強い使命感があった」と語る。

 小学生の頃から政治に興味を持ち「学級会などでは気が付くと少数派の方にいた」。広島や長崎、沖縄を訪れ「戦争のにおいがするものへの嗅覚が鍛えられた」と振り返る。会社員時代は訪問先で政治について語り合う「変わった営業マン」。特定秘密保護法に危機感を抱いて2012年に入党した。

 大学時代はバンドに熱中、ボーカルでプロを目指した。趣味は街頭演説でも奏でるウクレレ。中京大卒。大垣市三津屋町。

私の政策

 私が立候補を決意した動機は、当時の安倍内閣が進める「戦争する国造り」に危機を抱いたためだ。こんな社会を子どもたちに残してはいけないと、立候補の要請に応えた。平和な社会づくりは私の原点。派遣社員で病を患い、希望をなくした青年に出会い、生活環境を整える中で、現在彼は前向きに生きている。貧困をなくし、全ての人が幸福になることが私の願いだ。

 私の決意を実現するまで諦めない。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

消費税を5%に減税

 ①消費税を5%に減税する。

 ②安倍政権は0点。憲法解釈を変え自衛隊の海外派遣を可能にした。菅政権も0点。五輪を強行、コロナ感染を広げた。

 ③労働法制改悪で正社員から非正規になり、コロナで職を追われた。派遣、非正規労働の廃止、縮小を求める。

安心な社会環境整備

 ④安心して結婚し、子どもを産み育てられる社会・労働環境をつくる。

 ⑤お互いの人格を認め合うことから始める。

「公共交通基金」創設

 ⑥公共交通を重視し、「公共交通基金」創設を提案。中山間地域への交通網を整備し、都市交流を促進する。

 ⑦候補者の政策。候補者が本当に「公共の福祉の向上」の心を持って訴えているかどうか。

大谷由里子候補(58)(国民・新)

20211021142703-0cce4de4.jpg

吉本〝伝説のマネジャー〟

 「地方への権限委譲が大きな理想。地域のことはそれぞれの地域で決める。そんな国づくりを訴えたい」と力を込める。

 芸能大手の吉本興業でマネジャーとして活躍し、その手腕から"伝説のマネジャー"としても知られる。退職後、人材育成や企画を手掛ける会社を起業した。ナインティナインらを売り出す事業にも携わり、「人には限りない可能性がある。手間暇かければ人は輝くものだと学んだ」と振り返る。

 「地方の特色に合わせて人材育成手法も変わる。同じように各地の特色に合わせた政策があっていい」と語る。出馬を決め東京から移住して約1年。「大垣がとても気に入っている。特色や可能性がたくさん詰まっている場所」と声を弾ませる。法政大大学院修了。大垣市林町。

私の政策

 「知る政策」の推進。

 今の政治は、隠し事が多過ぎます。今の日本に一番欠けているのは「正直な政治」です。

 一人の生活者として感じるのは、「本当のところどうなの?」です。

 税金の使い道を含め、公費はどこに流れているのか? そして、その結果どうなり、次はどのようにするとよいのか。

 日本の政治が、国民の信頼を取り戻せるか否かは、この点に懸かっています。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

積極財政へ転換急務

 ①陰性者でしっかり経済を回す。「積極財政」への転換が急務。消費や投資の活性化、稼げる産業への投資は必須。

 ②安倍政権30点、菅政権50点。日本は島国。新型コロナウイルスの水際対策を徹底して行うべきだった。

「稼ぎ方」教育を展開

 ③最初から与える(分配する)のではなく、先に稼ぎ方を教え、稼ぐ楽しさ、面白さを伝える教育を展開したい。

自治体に権限を移譲

 ④婚活の推進。富山県南砺市など他自治体の好事例を広く周知する。自治体に一定の権限を移譲し現場に緊張感を。

 ⑤心の勉強、心の学習。

 ⑥地方への権限の移譲。「信じて任せる」。これに尽きます。

 ⑦その人の思い、志と具体策。

棚橋泰文候補(58)(自民・前)

20211021142720-06049574.jpg

歴史書やジャンプを愛読

 「新型コロナウイルス感染症は、戦後一番の危機的な状況。感染症対策をきっちりやり、画期的な治療法ができるよう予算を割く。同時に傷んでいる企業や業種を積極的に支援して、経済や生活を守る」と意気込む。

 祖父が衆院議員、父が旧通産省(現経済産業省)の官僚という環境で育った。「自分も公のために仕事がしたい」と旧通産官僚を経て、1996年に初当選。科学技術担当相など要職を歴任し、直前には国家公安委員長を務めた。「西濃は水害に悩まされた土地。水門川などの排水機場の改修にも力を尽くしたい」と話す。

 信条は「努力した者が報われる社会を」。趣味は歴史ものから「少年ジャンプ」までと幅広い読書やサッカー観戦。東京大卒。大垣市在住。

私の政策

 今後のコロナ感染拡大に備え、対策に万全を期す。ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた景気回復に取り組み、誰もが安心できるよう、生活の安定と格差是正に努める。また、北朝鮮問題をはじめ、わが国の安全保障について、国際社会と連携し、国民の生命と財産を守り抜くため、緊張感を持って取り組む。西濃も大変重要。西濃の教育環境の向上、東海環状西回りの整備、西濃の農業支援などを強力に進めていく。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

成長戦略通じ軌道に

 ①財政出動、金融緩和の継続および成長戦略を通じ、日本経済を成長軌道に戻し、その果実を広く分配する。

安倍・菅政権は90点

 ②安倍政権は90点。日本の経済社会の再生を実現。菅政権は90点。デジタル庁の創設など未来の政策を実行した。

 ③格差拡大は大きな問題であると認識。経済全体を成長させ、その果実を格差是正のために分配することが重要。

 ④子育て支援の拡大や男女共同参画社会の確立などの総合的な対策が必要。

 ⑤教育などを通じて、日本の全ての人に、多様性を認める価値観を共有してもらうことが必要。

産業の高付加価値化

 ⑥中山間地域の潜在力や魅力などを生かして、産業の高付加価値化などを実現していくことが重要。

 ⑦政治家のまなざしの真剣さに特に注目していた。

岐阜3区(届け出順)
阪口直人候補(58)(立民・元)

20211021143434-2a5400bb.jpg

自転車で里山駆け抜ける

 「安倍・菅政権で格差が拡大し、庶民の暮らしが厳しい状況に追い込まれた。いびつな構図を変えたい」と訴える。

 早稲田大を卒業後、キヤノンに入社。29歳で退社し、国連カンボジア暫定統治機構の一員として復興に協力。ボランティア活動中のルームメートを銃撃で亡くし、自身も命の危険にさらされた。「戦争こそ最大の不条理。紛争地域の現実を知る身として平和主義に基づく政策を立案したい」と政治を志した。

 「走るさかぐち」「現場第一」を掲げ、この2年は毎日街頭に立つ。「浪人生活の7年間で受け止め続けてきた現場の声を国政に届けたい」

 ランニング、自転車が趣味で「県内の里山の風景に癒やされる」。名古屋大大学院博士後期課程中退。各務原市鵜沼南町。

私の政策

 ①消費税減税。まずは5%、将来はゼロに引き下げ。②岐阜を元気にするため、中小零細企業を守り、成長産業を生み出す。政府負担で最低賃金アップ、社会保障費の軽減、賃上げした企業の減税などを実現する。戸別所得補償で利益を出せる農業を実現。③子育て支援。教育予算を増額、経済力の差が教育格差を招く現状を変える。④憲法の平和主義を守り、平和構築、民主化支援、紛争仲介外交などで世界の平和に貢献。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

苦境に立つ人に給付

 ①苦境に立つ人への適切な給付を行い、景気回復のため富裕層以外の所得税免除、消費税の減税を行う。

 ②安倍政権30点、菅政権30点。日本の経済的地位が低下。安倍政権以降のGDPの伸びは極端に低く、諸外国に後れを取る。

再分配を機能させる

 ③法人税や所得税を消費税で穴埋めする政策を転換。富裕層には応分の負担を求め、再分配を機能させる。

子育ての予算を増額

 ④非正規で働く人を生み出す社会構造を変える。教育、子育ての予算を増額し、家計の負担を減らす。

 ⑤常識が相手にとって常識とは限らないことを認識し、違いを認め合い、違うことの価値を見いだすこと。

 ⑥中山間地域は環境や人材を都市に提供している。不利な条件を埋めるため政府による直接支払いも必要。

 ⑦勇ましいことを言う政治家が、自ら当事者として貧困や紛争に飛び込む気概があるのかを見ていた。

武藤容治候補(66)(自民・前)

20211021143449-d30da2ae.jpg

4人の孫との時間が幸せ

  新型コロナウイルス感染拡大の影響で岐阜に帰ってきても思うように動くことができない日々も多かったというが、「この空白をどう埋めていくのかが私にとって課題」と語り、「医療体制の拡充やワクチン接種などまずはコロナ対策を訴えたい」と意気込む

 曽祖父の嘉門さんから4代続く衆院議員の家系。これまでに外務副大臣や経済産業副大臣を歴任し、党副幹事長を務める。

 4人の孫と過ごす時間が楽しみだといい、「コロナでしょっちゅう会うわけにはいかないが、ファミリーの温かさを感じ、息抜きになっている」と笑顔を見せる。

 座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」。趣味はカラオケ、ゴルフ、映画鑑賞。慶応大卒。各務原市那加桜町。

私の政策

 コロナを乗り越え、経済を再建し、くらしを守る。全ての政策につながる中小企業・小規模事業者なくして日本経済の繁栄なし。中小企業経営経験を生かし、中小企業・小規模事業者向けの政策を実現。人生100年、安心して受けられる医療・介護サービスを充実。社会基盤インフラ、エネルギー、研究開発投資、地方創生、森林など地方資源の利活用、自治会・消防団など地域を支える組織活動の支援などに取り組む。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

総合支援資金を継続

 ①雇用調整助成金、実質無利子・無担保融資、事業再構築補助金、緊急小口資金や総合支援資金などの支援を継続。

 ②安倍政権90点、菅政権90点。経済再生に取り組み、民主党政権下で疲弊した経済を再建し、デフレを克服。

成長による格差是正

 ③賃金、教育などの格差の状況を認識すべき。成長戦略による格差是正で、幸福感を実感できる社会を目指す。

 ④女性の職場環境や地位向上、地方の豊かな風土での情操教育、産休や育休など子どもを産み育てやすい環境づくり。

個々人に多様な幸せ

 ⑤経済効率だけでなく、個々人が多様な幸せを感じることができるWell-beingを重視した政策の実現。

 ⑥中小企業が賃上げしやすい環境整備に取り組み、地域間格差に配慮した最低賃金の引き上げを図る。

 ⑦父の思いを引き継ぎ、時代の激変への一助となるべく、国民の目線で、現場を重視した政治活動を実践したい。

岐阜4区(届け出順)
金子俊平候補(43)(自民・前)

20211022113128-73292a62.jpg

ハードボイルド小説好き

 近年、災害が多発する4区。「政治家の役目は住民に怖い思いをさせないこと。災害からは逃れられないが、被害が起きないようにするのが大切だ」と力を込める。

 1期目で印象に残るのは昨年の豪雨で起きた下呂市の国道41号崩落。「お盆が迫る中、早期の復旧に精いっぱい努めた。一生忘れられない」と振り返る。

 政治家を志したのは地元の後押しと、元国土交通相の父一義さんを長らく支えた人の言葉だった。「『子どもたちが住み続けられる地域にするのがお前の役目だ』と言われた。そんな地域を目指して努力する」

 読書が息抜きで、ハードボイルドやミステリーを好む。2人の息子がおり「"暴れん坊"に癒やされている」とほほ笑む。慶応大卒。高山市馬場町。

私の政策

 誇りを持って安心・安全に生活できる地域づくり。岐阜県は4年で3度も大きな災害が発生。災害が起きても被害を最小限に抑える地域こそ生活の基盤だ。インフラ整備は、交通安全・救急医療・住民生活の向上に寄与し、観光業・農林業・製造業など地場産業の活性化に向けた鍵と考える。地域で必要とされている高規格道路やダム・砂防事業を着実に前進させ、誇りを持って安心・安全に暮らせる地域づくりを目指す。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

消費喚起とDX推進

 ①地域事情に沿った宿泊割引や飲食割引などの消費喚起策やDXの推進による新しい働き方の創出を進める。

 ②安倍政権90点、菅政権90点。コロナ禍や豪雨災害などの国難ともいえる状況下、柔軟で積極的に政策を進めた。

 ③富裕層と貧困層との分断が生じている。成長と分配の好循環による「新しい資本主義」政策を進めたい。

一体の支援拠点設置

 ④自治体ごとに妊娠・出産から子育てまで一体的に支援する拠点を設置し、NPO団体などと連携強化を進める。

 ⑤女性の活躍や男性の産休取得率100%を目指すなど、過去の習慣にとらわれないライフスタイルを定着させる。

中小への支援策拡充

 ⑥中小零細企業の支援策を拡充し、新分野への展開や生産性向上を図る。テレワークや2拠点生活を推進したい。

 ⑦父や祖父が地域に対してひたむきになって働く様子を見た。いかに地域に根付いているかについて耳を傾けた。

今井雅人候補(59)(立民・前)

20211022113143-0b112ed6.jpg

経済通、剣道は七段の腕前

 「二つの大きな勢力が競って政権を争うことで、国民生活が向上する。自公政権に対抗できる体制をつくる」と意気込む。

 都市銀行のディーラーとしての経歴を持つ経済通。草の根の活動を身上とし、初当選以来、地元に戻らなかったという週はない。だが、コロナ禍で行事などが軒並み中止になり「地域の人となかなか顔を合わせられない。せめて何かできないか」と考え、選挙区内の約40カ所に立ち、道行く人や車に向かって手を振り続けた。街頭活動は、ここ1年間で計500時間、1回の最長記録は6時間に上る。

 下呂市出身。剣道は七段の腕前。「ひるまない」という自らの強みは政治にも剣道にも生かされている。妻と娘2人の4人暮らし。上智大卒。美濃加茂市太田町。

私の政策

 小泉政権以来の競争をあおる市場資本主義のせいで、東京一極集中が加速し、地方から人口が流出して衰退の一途をたどっている。今こそ、自然を生かし、自然と共生する社会への大転換が急務である。日本は地球温暖化阻止の先進国を目指し、自然エネルギーを日本全国に普及させ、環境技術への集中投資を行って、地方に新しい雇用をつくっていくことが不可欠である。そうすることで自然豊かな岐阜県にも活気が戻る。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

「地方分散型」経済に

 ①都市部への人口集中が感染などの脅威にいかにもろいかが露呈した。地方分散型経済への転換に向け大胆な投資を進める。

 ②安倍政権30点=アベノミクスで都市部と地方の格差を拡大させた▽菅政権50点=コロナ対策で後手後手の対応が多過ぎた。

 ③アベノミクスで格差が広がったことは自明の理。競争一辺倒の経済政策からの大きな転換が急務。

あらゆる原因を解決

 ④少子化を招いているあらゆる原因をしっかり把握し、それを全部解決することに尽きる。国民の声をしっかり聞くこと。

 ⑤選挙や政治活動に圧力をかけるのをやめること。個々の意見を尊重し、違いを認める意識が高まれば全てが変わる。

自然との共生に重点

 ⑥国の在り方を根本的に変える。競争をあおる都市型資本主義をやめ自然との共生に重点を置けば格差は解消されていく。

 ⑦立候補者の言葉というより、国民に寄り添った活動をしているかどうか、日常の活動を見ていた。

佐伯哲也候補(51)(維新・新)

20211022113155-3fa0fe71.jpg

ボランティアで森林整備

 「新型コロナウイルス対策と経済の立て直しに最優先で取り組む。最高裁判所を県内に誘致する『司法移転』で地域活性化も図り、行政機構改革につなげたい」と初の国政選挙に挑む。

 岐阜大工業短期大学部卒。会社員を経て2000年に広告代理店を開業。07年の可児市議選で初当選し、11年の県議選にくら替え出馬したが落選。同年の可児市議選で再び当選した。15年の県議選にも出馬した。

 「ウィズコロナの構えが大切で感染対策、感染後の病床の確保に取り組む。道州制の実現と行政機構改革も訴え、司法移転とリニア中央新幹線の開通効果で地域に活気を生む」と話す。

 両親と妻、子ども1人の5人家族。趣味はDIYで、森林環境整備のボランティア活動にも精を出す。可児市若葉台。

私の政策

 コロナ禍で落ち込んだ経済を回復させる。2年間を目安に消費税を5%に引き下げ、ベーシックインカムで全国民に月額6~10万円を給付し、最低限の生活費を保証する。今まで生活費として使っていた分のお金をそれ以外に使ってもらうことで、経済の好循環を生む。子どもが2人いる家族では毎月ベーシックインカムで24万円以上の給付となり、教育や生活費の余裕から少子化対策としても大きな影響がある。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

消費税2年間5%に

 ①時限的に(2年間)消費税を5%に、さらにベーシックインカム施策により全ての国民に月額6万~10万円を給付。

アベノミクスは失敗

 ②安倍政権50点、菅政権45点。アベノミクスは失敗に終わった。一部の裕福な投資家が私腹を肥やし、一般国民は生活が厳しくなった。

 ③格差社会が加速している。ベーシックインカムを導入する。

 ④ベーシックインカムの導入。

 ⑤教育

道州制導入し法改正

 ⑥道州制の導入で、地域に合った法改正や施策の実施。

 ⑦人となり、政治への熱意。

岐阜5区(届け出順)
古屋圭司候補(69)(自民・前)

20211022114147-39d8c7f9.jpg

自動車の耐久レース出場

 曽祖父から4代続く国会議員の家系。祖父慶隆の支援者の話を聞き「死後30年たっても感謝してもらえる仕事なんて他にない」と自身も志した。当選10回を重ね「心身ともに充実している。経験と知見を生かし、地域と国家のため『実現する政治』を行う」と意気込む。

 高市早苗党政調会長に会長代行を頼まれ、党の公約作りにも尽力。政策のため議員連盟を結成することも多く、MANGA議連など30余の代表を務める。

 「60を過ぎて真っ黒なんて変よ、と妻に言われて」、1年半ほど前からグレーヘアで通す。早起きしてクラリネットを練習するのが日課。軽自動車で耐久レースに出場するモータースポーツ好き。好物のとんかつは自ら作って振る舞うことも。成蹊大卒。恵那市大井町。

私の政策

 【新型コロナウイルス感染症から命と暮らしを守る】▽ワクチン接種を11月までに希望者全てに完了▽自宅療養ゼロの岐阜モデルを全国に▽生活と暮らしを守る経済支援の継続

 【新しい資本主義で分厚い中間層を再構築】▽経済を立て直す「金融緩和」「成長戦略」「機動的財政出動」を実行▽国土強靱(きょうじん)化、大胆な危機管理投資▽毅然(きぜん)とした日本外交の展開と経済安全保障の強化▽早急に30兆円規模の補正予算編成

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

金融緩和や成長戦略

 ①「金融緩和」「成長戦略」「機動的財政出動」を大胆に。分散型国づくり。大胆な危機管理投資。経済安全保障の強化。

強い経済復活させた

 ②安倍政権90点、菅政権90点 安倍政権下、金融・財政政策、成長戦略によるデフレ脱却、強い経済の復活。コロナ対策で命と暮らしを守った。

分配の好循環を実現

 ③成長戦略によって労働生産性、労働分配率を向上させ、所得水準を持続的に高める。成長と分配の好循環を実現する。

 ④結婚・妊娠・出産・子育てと家庭の総域的な少子化対策が必要。経済支援などの重点施策と財源確保の具現化を推進。

 ⑤経済効率だけではなく夢や生きがい、健康、安らぎ、より良い生活環境など多様な幸せを感じられる政策を進めていく。

 ⑥分散型国づくりと地方の人・もの・仕事の流れを強化し、豊かな経済を創る。リニアを起爆剤に定住人口、税収を増やす。

 ⑦衆議院選挙は古屋享。サラリーマン時代、転勤時は当地の自民党候補の中から私の主張に合う候補へ。

今井瑠々候補(25)(立民・新)

20211022114201-40a78db2.jpg

生け花、ジャニーズ癒やし

 東日本大震災でのボランティア活動をきっかけに高校生当時から政治を志した。子育て世代や非正規労働者らへの支援を重視し「これまで受け皿となり切れていなかった声なき声を国会に届けたい」と訴える。

 25歳で、小選挙区では全国最年少の候補者。東京の人材育成会社に約2年勤め、地元に恩返しがしたいと多治見に戻ってきた。「未来を担う若い世代こそが声を上げ、立ち上がらなくては」と強調する。

 高校からのめり込んだという生け花は草月流師範の腕前で、選挙事務所を彩る花も自身で生けた。ジャニーズのアイドルグループ「SixTONES」のファンでCDは全て購入しているという。好きな食べ物はカレーライスと五平餅。中央大卒。多治見市京町。

私の政策

 ①安心して働き続けることのできる賃金を。同じ働きをしたら、同じ賃金が払われるようなシステムを求める。②子どもたちの生まれによって将来の選択肢が制限されない制度を。不登校の子どもが不利にならない支援を行う。③非正規労働者や保育、看護、介護などのエッセンシャルワーカーの待遇改善。賃金や勤務環境の改善。専門職として着実にキャリアアップできる仕組みの構築、復職支援の充実を求める。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

時限的な減税と給付

 ①時限的な減税と給付金、医療や介護、子育てや教育分野などへの予算の重点配分。

 ②安倍政権15点、菅政権15点。新型コロナ対策の遅れと度重なる感染拡大、国民への説明責任を果たしていない。

同一労働同一賃金に

 ③同一労働同一賃金、生きていく上で不可欠なベーシックサービスの充実が必要。

 ④産前~産後、小中高の切れ目のない支援、子育てにかかるコストを下げる。

「夫婦別姓」議論する

 ⑤選択的夫婦別姓の議論を進める。

 ⑥非正規労働者や地方の保育、看護、介護などエッセンシャルワーカーの賃金・待遇改善が必要。

 ⑦公式ホームページや、SNS、報道番組、政策比較サイト

山田良司候補(61)(維新・元)

20211022114213-e85dfc50.jpg

お笑い動画を見て息抜き

 中学生の時から政治家を志すようになった。「学校行事を盛り上げる中で、人をまとめることが好きになった」。大学時代に弁舌を鍛え、地方分権をテーマに政治一筋で歩んできた。

 参院議員秘書を務めた後、地元下呂に戻って町議になった。下呂市長や衆院議員を務め政治経験の幅を広げた。今回は東濃から国政を目指す。「飛騨の人間から見ると、東濃は天が広く大地が豊かだ」と印象を語る。

 下呂市を拠点に中津川市や美濃市で学習塾を開く。「青少年と一緒に学ぶことは自分にとっても成長になっている。国も地域も支えるのは人。教育が将来の国づくりだ」と力を込める。

 お笑い動画の視聴が息抜きになっている。早稲田大大学院中退。9月に下呂市を離れ、多治見市音羽町に住所を移した。

私の政策

 最高裁判所を東京から東濃に移転させる司法移転を数年前から唯一の柱とし、最重要政策に掲げてきた。東京の一極集中は30年も前から言われている問題で、何一つ具体的な動きがなく、政治の怠慢である。東濃は日本において可能性を秘めた地域だ。ここでチャンスをつかまないといけない。新型コロナウイルス対策は規制と同時に手厚い補償を実施する。また、ワクチンや新薬の開発にインセンティブをつけて奨励する。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

観光振興に力入れる

 ①規制疲れの中で国内の観光振興に力を入れたい。観光産業は裾野が広く、波及効果が大きい。

 ②安倍政権20点、菅政権30点。公文書改ざん、学問への介入、政治とカネなど民主主義の根幹に関わる過ちを犯した。

首都機能を一部移転

 ③格差社会の根本は首都圏と地方の格差に起因している。首都機能の一部(司法)を地方に移転させるべき。

社会保険体制を充実

 ④分野横断的なトータルの政策が必要であるが、社会保険体制の充実と雇用形態の拡充が重要である。

 ⑤他者に対する「思いやり」の精神を小さい頃から持てるような、社会全体の空気・道徳観が必要である。

 ⑥わが国の中央集権体制、東京一極集中是正を図る以外にない。首都機能の一部(司法)を岐阜県に移転させる。

 ⑦日々の活動と実行力。政治家は評論家や学者ではない。「何を話すか」ではなく「何をしたか」が重要。

小関祥子候補(68)(共産・新)

20211022114244-f9c74ad6.jpg

演劇部出身、盆踊りが趣味

 「1日8時間働いたら、普通に暮らせる世の中にしたい」と熱く語る。

 高校卒業後に日本民主青年同盟を経て19歳で日本共産党に入党し、会計事務所や作業所で働いた。1986年、土岐市議に初当選し7期27年務め、水道料金の引き下げ、保育料の値上げ阻止に注力した。県議選に3度出馬し、国政には2度目の挑戦。「誰もが幸せに暮らせる社会をつくりたい」と意気込む。

 高校時代は演劇部に在籍し、趣味はフォークダンスや盆踊り。コロナで最近は行けないが芝居も鑑賞し、休みの日は買い物をして息抜きをする。

 尊敬する人は、共産党の不破哲三氏。三男は現職の土岐市議。夫、長男、次男の4人暮らし。土岐商業高卒。土岐市肥田町肥田。

私の政策

 ①8時間働けば、普通に生活できる社会を目指す。全国一律で最低賃金を1500円にすることで、働きがいのある社会をつくる。男女の賃金格差をなくし、処遇を均等にして、ジェンダー平等社会を実現する。②医療・福祉に手厚い社会をつくる。医療費削減の政策を転換して、地域の病院を守っていく。病床削減、病院統廃合をさせない。③まずは消費税を5%に戻す。最終的に消費税を廃止する。

候補者に聞く

【質問項目】①アフターコロナを見据えた経済の立て直し策について、どのようにお考えですか?②安倍・菅政権への評価とその理由を教えてください③格差社会の現状と是正策について、どのような考えをお持ちですか?④少子化を食い止めるための政策を教えてください⑤多様性を認め、共生社会の実現のために、何を優先すべきだとお考えですか?⑥過疎化が進む中山間地域と都市部との、雇用や所得の格差への対策をどのようにお考えですか?⑦選挙権を持ってから立候補するまでの間(もしくは議員になるまでの間)、投票する側にいた時に、立候補者の何を見て、どんな言葉に耳を傾けていましたか?

飲食業界に着実補償

 ①感染対策で自粛を強いられた飲食業界、影響を受けた農林水産業にしっかりと補償を行い、経済復旧の糸口をつくる。

 ②安倍政権0点。後手後手のコロナ対策。菅政権0点。東京五輪の強行。利益のために国民を危険にさらした。

 ③貧富の格差の根源にあるのはアベノミクス。大企業もうけ優先主義にある。消費税を廃止し法人税を元に戻す。

 ④若者が希望を持てる未来、自由、平等、平和な社会をつくる。男女の賃金・処遇格差をなくし、保育所を増設。

人格尊重学ぶ教育を

 ⑤個人の人格の尊重を学べる教育環境。全世代が学ぶ市民講座などの企画とマスコミを使っての啓蒙(けいもう)活動。

最低賃金を1500円に

 ⑥全国一律最低賃金1500円を実施。最低賃金一律化で若者の流出を防ぎ、雇用の創出で地域の人口を増やす。

 ⑦宣伝の中で自分の思いに最も近い人を選んでいた。平和に関して訴える言葉が耳に残っている。