岐阜県選挙管理委員会は31日、衆院選(小選挙区)の期日前投票と不在者投票の状況を発表した。投票者数は40万3317人で、選挙人名簿登録者数(10月18日現在)の24・34%が投票した。2017年の前回衆院選から1万9999人(0・68ポイント)減った。

 「岐阜新聞WEB」で投票・開票状況を速報

 岐阜県の小選挙区の候補者一覧はこちら

 岐阜1区は5万9537人で18・22%、岐阜2区は7万425人で23・38%、岐阜3区は9万4318人で22・25%、岐阜4区は11万2520人で33・98%、岐阜5区は6万6517人で24・25%が期日前投票を行った。

 投票者数は岐阜4区で前回から1133人増え、ほかの選挙区はいずれも前回を下回った。