岐阜県警捜査2課は31日、衆院選投票日前日(30日時点)までの県内での選挙違反取り締まり状況を発表した。公選法違反の警告件数は21件で、前回2017年より10件増えた。公示前は13件、公示後が8件だった。

 公示後の警告の内訳は、後援会事務所の立て看板設置場所に関する政治活動の制限違反が1件、ポスターに関する法定外文書の頒布と掲示の違反が6件、政治活動を装ったポスターを貼った脱法文書の掲示が1件。いずれも警告後に是正された。