第49回衆院選の岐阜5区は、自民前職の古屋圭司氏(69)が当選を確実にした。

 岐阜5区は、古屋氏と立民新人の今井瑠々氏(25)、維新元職の山田良司氏(61)、共産新人の小関祥子氏(68)の4人が争った。古屋氏は当選10回の実績を掲げて選挙戦を争い、迫る今井氏を振り切って11回目の当選を確実にした。