9選を決め、支持者らと万歳三唱して喜ぶ棚橋泰文さん=31日午後8時6分、大垣市楽田町
選挙戦を一緒に戦ったうぐいす嬢から花束を受ける棚橋泰文さん(右)=31日午後8時8分、大垣市楽田町
支持者とグータッチをして喜ぶ棚橋泰文さん(左)=31日午後8時25分、大垣市楽田町

 岐阜2区は自民前職の棚橋泰文さん(58)が、選挙区全域の後援会組織と政財界、農協などの支援を受け、盤石の戦いで9選を果たした。大垣市楽田町の選挙事務所に当選確実の報が入ると、集まった支持者から歓声が上がった。

 前回は共産候補との一騎打ちだったが、今回は国民民主候補も出馬し、三つどもえの戦いに。所属する派閥の中堅・若手候補の応援で全国を回って地元に入る時間が限られる中、オンラインを活用したミニ意見交換会を開き、有権者の声を聞く場を補った。

 午後8時ごろ、事務所に姿を現した棚橋さんは、祝福の声に笑顔で応え、支持者らと万歳三唱。「安全安心な日本を守れるよう最大限努力していく」と力強く語った。