再選を果たし、支持者とともに万歳三唱をする金子俊平氏=31日午後11時2分、高山市昭和町、選挙事務所
再選を果たし、支持者とグータッチをして喜ぶ金子俊平氏=31日午後11時13分、高山市昭和町、選挙事務所
再選を果たし、ガッツポーズをして喜ぶ金子俊平氏=31日午後11時13分、高山市昭和町、選挙事務所

 岐阜4区は、自民前職の金子俊平さん(43)が立民前職との接戦を制して再選した。午後10時50分ごろ、高山市昭和町の選挙事務所に当選確実の知らせが伝わると、歓喜に包まれた。

 当初から激戦が予想された4区。元蔵相の祖父一平さん、元国土交通相の父一義さん(78)から続く盤石な支持に加え、各種団体の支援を取り付けた。所属する会派会長の岸田文雄首相や閣僚、党の要職が相次いで応援に入り、支持をてこ入れ。党県連も最重点区として総力戦を展開した。

 金子さんは支援者と共に万歳三唱。選挙戦を振り返り「厳しい選挙だった。皆さんのおかげで当選できた」と深々と頭を下げ、「期待に応えられるよう、着実に政策を進めていきたい」と語った。