試合では誰よりも走る球際の強さと、豊富な攻撃のアイディアが武器

現在、サッカーJ3のFC岐阜の下部組織「FC岐阜U‐18」に在籍しており、高校3年生ながらトップチームの試合にも出場可能な2種登録をされている石坂亮人さん。

アンカー(ミッドフィールダー〈MF〉)のポジションから、前線への飛び出しやスルーパスなどさまざまな攻撃を仕掛け、常に得点に絡むプレーを選択。

守備では豊富な運動量と球際の強さをみせ、相手からボールを奪い取るのが持ち味です。

攻撃と守備のどちらでも強みを発揮する、将来有望な石坂さんを紹介します。

■サッカーを始めたのはいつからですか?

 母親に勧められて、幼稚園の年少からサッカースクールで始めました。小学2年生になってもっとレベルの高い「FCディバイン」(愛知県江南市)でプレーするようになったのですが、チームが強くて最初はトップチームの試合に出られませんでした。そこからサッカー経験者の父とたくさん自主練習をするようになって、高学年のころにはトップチームのスタメンになり、サッカーがもっと好きになりました。

 (FC岐阜とのつながりは)小学6年生の時に週に1回、FC岐阜のサッカースクールも掛け持ちするようになってからです。プロのサッカー選手になりたいという思いが強かったので、中学からはトップチームがJリーグに所属していて、プロへの環境が一番整っているFC岐阜U‐15でプレーすることを選択しました。それからずっとFC岐阜の下部組織でプレーしています。

 ■ポジションや自分のプレースタイル、持ち味を教えてください。

 U‐18では自分が一番ボールを保持できる選手なので、アンカーという中盤の真ん中でゲームメーカーとしてプレーしています。得点に絡むことが好きなので、常にゴールに近い位置を選択して縦パスを送るといったことを意識していますし、攻撃のアイディアの豊富さには自信があります。守備では後ろからしっかり声を掛けて、誰よりも動き回って相手からボールを奪うことを徹底します。球際の強さも自分の持ち味です。元々はアンカーより少し前の位置のトップ下でプレーしていたのですが、高校2年生になってからチームのシステムに合わせる形でアンカーとしてプレーしています。

■現在所属するFC岐阜U‐18はどんなチームですか?

 (トップチームの)FC岐阜がボールをつないで保持することを大切にしているのでU‐18でもそれを重視していて、いろんなアイディアを駆使してさまざまな形からゴールを狙っています。守備では誰もさぼることなく、全員でしっかりと守るチームです。U‐15から一緒にプレーしている選手が半分以上いるので、お互いにどういうプレーをするか分かっていて関係性は深いですし、U‐18からプレーしている選手ともしっかりとコミュニケーションを取っています。

■好きな選手や理想としている選手はいますか?

 田中碧選手が好きです。守備と攻撃のどちらもできて、誰よりも試合中に走っているところに惹かれます。彼のようにサッカーの全ての局面でチームの中心になれる選手になりたいです。

■来季からFC岐阜のトップチームに昇格します。意気込みをお聞かせください。

 来季からプロになります。プロは年齢に関係なく勝負の世界。高校を卒業して1年目からレギュラーになって、チームを勝利に導く選手になりたいです。そして、チームで一番走って、誰よりもハードワークをして、ファンから愛される選手を目指します。