kurashi do up column
「パーソナルスペース」篇

新型コロナウイルス感染症の拡大で外出自粛や在宅勤務をする人が増えている昨今。

家族が自宅にいる時間が多くなる中、家族団らんの場とは別に、適度な距離を保って個々の時間を楽しめる場所も大切です。

今回は、そんなコロナ禍に必要な「パーソナルスペース」についてご紹介します。

1人1人の時間を楽しめる場所を確保

 コロナ禍で最も大きな変化の1つは、外出を自粛したり在宅ワークをする機会が増えたりと、家族が自宅で過ごす時間が増えたことではないでしょうか。しかし、家族といっても常に同じ空間や時間を共有していると、普段なら楽しい家族のコミュニケーションが、ストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。

 そこで設けておきたいのは、1人の時間を大切にできる個人的な空間「パーソナルスペース」。ひとときの落ち着きを感じる、居心地のいい距離感を保った空間です。個々に部屋を設けることは難しくても、パーテーションや家具で空間を仕切って、家族の空間からの視界を遮ったり、2つの壁に挟まれた空間にデスクを置いたりするだけでも、自分の時間に集中することができます。

 家族のスペースとパーソナルスペースをバランスよくゾーニングした空間が、コロナ禍を快適に過ごす住まいづくりにつながります。

『目的別』パーソナル・スペース