kurashi do up column
「清潔な住まい」篇

今、花粉症などアレルギー体質を持つ人が増えているのに加え、今も続くコロナ禍の影響で、住まいに花粉や菌、ウイルスなどを寄せ付けず清潔に保つことが、健康的に暮らす大きなポイントになっています。

そこで今回は、住空間をクリーンな状態に維持するために参考になる、住まいづくりやりフォームのアイディアを紹介します。

 例えば、昔から住まいに使われている漆喰は、抗菌・殺菌効果に優れているといわれています。湿度を調整する機能もあるため、カビの防止や脱臭効果も期待できます。

 また、漆喰や無垢の木材などの自然素材は、静電気を溜めない性質を持っているので、ホコリなどを寄せ付けず、汚れにくいのもポイントです。さらに、部屋の扉に上から吊るす吊り戸を取り入れると、床にレールがなくなるため、よりホコリが溜まりにくくなります。

 さらに最近では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、抗菌や防カビ、抗ウイルス加工を施した製品も開発されています。

 共働き家庭が増える中、家事の手間を削減できると人気のビルトイン食器洗い乾燥機。食器洗い乾燥機は、家事の時短だけでなく、高温洗浄で汚れを溶かしてキレイに食器が洗えるため、除菌効果にも優れています。また、作業をするカウンターやシンクは、隙間や段差がない一体型のものを選ぶと、サッと拭きやすくキレイな状態を保てます。同じくコンロも、段差がなく掃除が楽にできるフラット設計の製品が多く登場しています。

 汚れがつきやすい場所といえばトイレ。特に便器は、内側に水アカがこびりつくと黒ずみやざらつきができ、余計に汚れが付くようになります。今は、汚れが溜まる継ぎ目やフチ裏をなくした形状や、汚れが落ちやすい加工を施した素材、汚れを自ら落とす洗浄方式を採用しているものなど、さまざまなタイプがあるので、ショールームなどで確認してみてください。

 菌やウイルスが侵入する一番の経路は、やはり人が出入りする玄関。そこで、玄関から洗面所へ直接行ける間取りを取り入れたり、手洗いができる洗面台やコートなどを収納すウォークインクローゼットを設けたりするのも、工夫の1つです。洗面所まで遠い場合は、極力ものに触れないように、タッチレスでオンオフができるセンサー式の照明や水栓を採用するといいでしょう。

 また、コロナ対策の1つとして注目されているのが「換気」。外の新鮮な空気を取り入れることは、ウイルス対策はもちろん、部屋の中の空気を循環させてカビなども防ぐことができます。ドアを閉めている時でも風を取り込むことができる採風ドアを玄関に設置したり、風通しがよくなる間取りを考えるなど、換気のしやすい空間づくりを心がけましょう。