-救急指定診療所としての思いは。

 県内でも数少ない有床の救急指定診療所として、川に挟まれた安八郡安八町にて24時間体制で救急患者の診療に当たっています。

 私は救急専門医ですので、さまざまな理由で搬送されてきた方の状態をすばやく把握し、最善の治療をして次につなげるという役割を担っています。救急は全身にまたがる包括的な診断が必要ですので、健康の総合医=ジェネラリストという思いから、ジェネラルクリニックという名称で地域の皆さまに寄り添わせていただいています。

 -地域医療への思いは。

 大学卒業後に東京女子医科大病院の救急医学講座に入局した際、教授から真っ先に掛けられたのが「医者は居者」という言葉でした。いつでもいる存在の「居者」として診察にあたり、居るだけで地域の皆さまに安心してもらえる存在を目指しています。

 身体に不調を感じた際は、ためらわずにまずは当院に来ていただきたいです。診察の結果、専門性の高い治療や手術が必要な場合は近隣の高次の医療機関につなぎます。気軽に相談できる健康の総合窓口として活用いただければ幸いです。

 -高齢者福祉への思いは。

 特別養護老人ホーム(特養)を併設し、配置医師をしています。特養利用者の急変時にご家族との連携が取りやすく、これまでに最期の診断についての困難事例は出ていません。ただ困難事例の発生はいつ出てもおかしくない状況が続いていますので、特養を併設するクリニックの医師として、関連学会も含めて掘り下げた検討をリードしていくことが役目だと考えています。

 また、クリニックでのノウハウを生かした通所リハビリの開設も控えていますし、老人保健施設の運営も計画しています。高齢者が安心して住み慣れた地域で生活できるよう、救急診療と併せて注力していきたいです。