―昨年を振り返って。

 全国の法人会との提携50周年の記念の年でした。提携開始時より会員企業の皆さまに「法人会経営者大型総合保障制度」をご提供してきました。制度の保障内容は時代や中小企業を取り巻く環境変化に応じてリニューアルしており、本年度は労働問題やコロナに関連する費用に対処できる保障も追加しました。また、50周年事業の一環として全国の名産品のプレゼントキャンペーンを行い、岐阜からは、マスクと飛騨牛カレーを出品。いずれも地元の思いが詰まった素晴らしい商品です。大阪から岐阜へ赴任してきた初年度に、大切な節目に携わることができ光栄でした。

 ―大同生命サーベイについては。

 7年前から全国の中小企業の経営者に景況感などのアンケート調査「大同生命サーベイ」を行い、結果をご提供する取り組みを続けています。中小企業に特化したデータは珍しく、経営者の皆さまから高評価をいただいております。また、当データが本年度の中小企業白書に引用されるなど、社会的な信頼の高まりを感じています。引き続き重要視していきたいと思います。

 ―健康経営については。

 大同生命サーベイの9月度調査によると、健康経営について意識していると答えた県内の経営者の割合は、全国14位と感心の高さを感じる結果でした。最近では人材確保も難しいため今いる方に健康で長く活躍していただくことが大切です。1月5日から健康経営の支援ツールによる健康管理・健康増進と保障を一体化した健康増進型保険「会社みんなでKENCO+(ケンコウプラス)」を発売します。歩数による保険料の割引等会社の皆さんで楽しみながら健康経営に取り組んでいただければと思っています。

 当社は今年、創業120年を迎えます。創業者の一人、広岡浅子の「九転十起」の精神を引き継ぎ、今後も全力で中小企業をお守りしていきます。