元衆院議員で元岐阜県下呂市長の山田良司氏(60)=下呂市=は18日、岐阜市内で会見し、次期衆院選に岐阜5区から日本維新の会公認で立候補すると表明した。

 山田氏は「首都機能移転の中でも東濃への最高裁、司法の移転を実現させたい。リニア中央新幹線の開通が追い風になる。移転候補地の5区から出馬し、地方を元気にしたい」と語った。

 山田氏は下呂町議を経て2004年4月に下呂市の初代市長に当選。再選を目指した08年の市長選で落選した。09年の衆院選で旧民主党の比例東海単独候補として出馬し、初当選した。

 岐阜5区では、自民現職の古屋圭司氏(68)、立民新人で元会社員の今井瑠々氏(25)、共産新人で元土岐市議の小関祥子氏(68)の出馬が見込まれる。