KURASHIDO TIPS
知って得する暮らしの情報

ゴールデンウィークを利用して家族でお片づけ大作戦!

梅雨に入る前の5月は、お部屋に風を通してお片づけをするのに絶好の機会です。
長期休暇を利用して、家族で計画的にお片づけをしてみませんか?
今回は、ライフオーガナイザーⓇ の伊藤千晴さんにお片づけの進め方を聞いてみました!
これから住まいづくりを考えている人も、家の中を片づけると、必要なモノの量や最適な収納場所を把握できるのでおすすめです!

ライフオーガナイザーⓇ
伊藤 千晴さん

 岐阜市在住の2児の母。子どもが幼い頃、片づけをしてもすぐに散らかるという日々にストレスを感じていた時、ライフオーガナイズという片づけに出会い、2016年にライフオーガナイザーの資格を取得。現在は、子育て世帯を対象とした「コンサルティング型片づけサービス」や「楽しく学ぶ片づけ講座」などを通して、片づけに悩む家庭をサポートしている。

毎週火曜・金曜にブログを更新中。
https://live-yourlife.net

 

ゴールデンウィークはお片づけに最適な時期

 昨年の年末に行った大掃除から約半年が経つ5月。この時期に掃除やお片づけをしておくと、少し散らかり始めたお部屋の中を立て直すことができ、年末の大掃除もぐっと楽になります。

 特に家族が揃うゴールデンウィークは、普段できない空間に着手したり、大規模に収納場所を見直したりするのに最適な機会。家族がいる休暇中にみんなで片づけをすれば、家族も収納場所を把握でき、日々のお片づけに参加しやすくなるため、お子さんも一緒に行うのもおすすめです。

 ライフオーガナイザーⓇの伊藤さんが勧める「家族で挑戦!お片づけの流れ」を参考に、今年のゴールデンウィークは家族でお片づけにチャレンジしてみませんか?

 

家族で挑戦!お片づけの流れ

STEP 1
お片づけの計画を立てよう!

 まずは、家族で「お片づけ計画」を立てましょう。どれくらいの日数や時間がかけられるのか、今回はどの部分を片づけるのかなど、ゴールを決めることで無理なく片づけができます。


STEP 2
収納しやすい仕組みをつくろう!

 使ったモノを元に戻す「お片づけ」を実現するためには、どの場所に何を片づけるのか、“モノの住所”を決めることが必要です。「入るところに入れておく」「見える場所だけキレイにしておく」だと、日が経つとリバウンドしてしまうので、誰がやってもキレイに片づけらえる場所や方法を決めておきましょう!

POINT 1モノを選別する!

 お片づけの機会を利用して、今家の中にあるものを選別します。片づけるモノをすべて出してみて、必要なものかどうかを考えてみましょう。

不要なものは
①バザーなどで必要としている人に譲る
②フリーマーケットやリサイクルショップに売る
③寄付する
④処分する
など手放す先を決めると、モノを減らしやすくなりますよ!

POINT 2収納場所を決める!

 立った時に腰から目線までの位置が、「収納のゴールデンゾーン」。ここに使用頻度の高いものを収納すると、出し入れしやすくなります。使用頻度の次に考慮したいのが、収納するモノの重さ。重いものはゴールデンゾーンよりも下の方に、軽いものは上に収納するのがポイントです。

POINT 3】ラベリングする!

 収納場所が決まったら、家族が収納しやすいようにラベルを貼っておきましょう。色や絵をつけておくと、小さなお子さんでも片づけられるようになります。またすべて場所を決めず、何でも入れられるスペースやボックスを設けておくと、便利です。


STEP 3
お片づけ習慣をつけよう!
 収納場所が決まったら、家族で毎日のお片づけ習慣をつけることが大切。たとえば「いつ(日曜日、毎日など)」「誰が」「どの場所を」片づけるのか、ルールを決めるとストレスなく習慣化できます。