岐阜県警生活環境課と可児署は11日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、可児市広見のリラクセーション店経営者で中国籍の女(41)=同所=を逮捕した。

 逮捕容疑は2月下旬ごろ、県条例で営業が禁止されている可児市広見の住居兼店舗の一室で、リラクセーション店を装い、客に性的サービスを提供した疑い。

 署によると、昨年7月に店で性的サービスを提供しているという情報提供があり、署が同10月に立ち入り調査した後も続けていた。署は認否を明らかにしていない。