◆板垣退助「自由と刃」  1882...