上橋菜穂子さん。「人は自らが生きる世界についてわずかなことしか知りません。だからこそ、気づいたことに驚き、考え続ける。そうして命をつないできたのでしょう」(撮影・小池博)

◆生態系、現実と物語が呼応  石造...