1907年の夏、与謝野鉄幹をはじ...