22日午前5時35分ごろ、岐阜県不破郡垂井町平尾の県道脇で、無職の男性(63)=大垣市丸の内=が倒れているのを、車で通りかかった無職男性が発見した。男性が乗っていたとみられる自転車も近くに倒れており、大垣市内の病院に運ばれたが死亡が確認された。

 垂井署によると、現場は見通しの良い直線道路で、緩やかな下り坂。男性は、拡幅工事で舗装部分が途切れた砂利の部分に倒れており、頭を強く打っていた。署が原因などを詳しく調べている。