ふるさとへの便り

お酒の楽しみ方

 お酒をどのように楽しむのが良いのか?という問いが、バーテンダーをしているとよく聞かれます。お酒によって楽しみ方はたくさんあるのですが、うまさを探すというのも一つの楽しさです。

 ウイスキーを例にして、うまさの探し方をしてみましょう。水割りなどの飲み方しかしていないと、本来持っているうまさを感じず、過小評価になっている事も多いのです。これではおいしく楽しむ事も半減いたします。どんなお酒でも、そのまま飲んでおいしく作ってあると考えていただきたい。まずはストレート、口鼻が隠れるくらいのロックグラスまたはワイングラスで、スプーン1、2杯程度の量で良いので一度口に運び、ゆっくりと舌の上で味わって喉の奥へ送ってみてください。次に掌に数的垂らし、擦り込むようにしてアルコールを飛ばし、その掌の匂いを嗅ぎます。ここまでで、そのウイスキーの持っている甘味や酸味などを感じる事でしょう。

 次のステップで、常温のお水を1滴加えて今一度、飲んでみて下さい。香、甘味が先程より広がり、よりハッキリとした顔をだしてきます。後は少しずつお水を加えながら、好みの部分を探しながら味を覚えましょう。いろいろなお酒で試し味を覚えると、気分や気温、気候で、今、飲みたい飲み方が自分で考えられるようになってきます。

 自分で購入し飲み比べするのは大変です。そんな時は、品ぞろえの良いバーへ出向くのも良いと思います。

 私のお店でも、ほぼ同じ年数のウイスキーの飲み比べができるように取りそろえており、お客さまに楽しんでいただいております。以外にも、女性の方が飲み比べをして、ウイスキーのおいしさを再発見するように見受けられます。

 お酒の味の覚え方は種類により違いますが、覚える事によりおいしく楽しく飲む世界が広がります。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。