ふるさとへの便り

RICKEY(リッキー)

写真:ジン・リッキー(手前)とロイヤル・リッキー

ジン・リッキー(手前)とロイヤル・リッキー

 カクテルに、人の名前が付いていることは、よくあることで、リッキーもそのうちの一つです。一般的なところで、「ジン・リッキー」というカクテルがございますが、ベースのお酒を変更すると、◯◯・リッキーと名前が変わります。

 リッキーはカクテルの作り方の一つで、基本スタイルは、ライムを使い、砂糖、シロップを使用せず作るロングタイムカクテルですが、バリエーションに至っては、レモン、シロップを使用するレシピもあります。

 19世紀の終わりに、ワシントンのレストラン「シュー・メーカー」で考案され、そのときに初めて飲んだ方の名前が、「カーネル・ジム・リッキー」という説と、米軍将校「ジョー・リッキー」が愛飲していたという説がありますが、どちらにしてもリッキーに変わりないというところです。

 副材料で炭酸が使われますが、ジンジャーエールを使用するレシピもあります。今回では、こちらのレシピを二つ紹介いたします。

 まずは、クラウディ・スカイ・リッキーです。グレナデンシロップ、ライムまたはレモン、スロージン、ジンジャーエールという組み合わせです。

 訳すと曇り空を意味しますが、カクテルなので、気分が落ち込んだりしたときに飲まれたのかもしれません。名前の由来がわからないので、あくまでも私の想像です。

 もう一つは、ロイヤル・リッキーです。ロイヤルと付くところから、皇室で振る舞われ名前が付いた一つでしょうか。こちらも由来がはっきりしていません。レシピは、ライムジュース、ラズベリーシロップ、スイートベルモット、ドライジン、ジンジャーエールです。通常のリッキーは、グラスで直接作る「ビルド」という作り方をするのですが、ロイヤル・リッキーは、「シェーク」する作り方で、ひと手間を加えてます。

 まだまだ、残暑の厳しい時季でございます。クエン酸の摂取に、リッキースタイルのカクテルを飲んでみてはいかがでしょうか。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。