岐阜酒好物語

風と共に去りぬ

写真:スカーレットオハラ(左)とレッドバトラー

スカーレットオハラ(左)とレッドバトラー

 作者マーガレット・ミッチェルにより、1936年に出版された長編小説で、ピューリッツァー賞の小説部門を受賞した作品「風と共に去りぬ」をご存じでしょうか。後に映画にもなり、アカデミー賞を9部門受賞。戦後1952年に日本でも公開され、話題になりました。

 ストーリーを書くと長くなりますので省略いたしますが、この小説の主人公、「スカーレットオハラ」と「レッドバトラー」のカクテルがございます。

 スカーレットオハラ・カクテルに使われる材料は、クランベリージュースとサザンコンフォート。レッドバトラー・カクテルの材料は、オレンジ・キュラソーとサザンコンフォートに、レモンとライムジュースが入ります。

 サザンコンフォートというお酒が使われていますが、主人公のプロフィールに、アイルランド系移民の父親とフランス系名家出身の母親を持つ、気性の荒い南部の女というところから使われたと思います。

 サザンコンフォートを直訳すると、「南部の歓び」「南部の安らぎ」という意味を持っております。

 「風と共に去りぬ」は、スカーレットオハラの半生を描いた作品ですが、カクテル片手に、自身の生き方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。