岐阜酒好物語

バレンタインデー

写真:チョコミルク

チョコミルク

 男性が、その気がなくてもそわそわする行事のバレンタインデーが迫ってまいりました。ある意味、女性にしてみたら厄介な1日でもあるかもしれません。

 デパートやショッピングモール、スーパーなどでもチョコレートの陳列を見かけるようになってまいりました。私も、気になる組み合わせのチョコレートがあると、カクテルに応用するために購入したりします。

 お酒入り、またはお酒とセットで売っている商品などもございますが、よく目にする商品で、モーツァルトというチョコレートリキュールや、有名なゴディバのチョコレートリキュールを見かけます。

 今回は、そのチョコレートリキュールを使用した、自宅でも簡単に作ることができるカクテルを紹介いたします。

 一番簡単なのは、リキュールと牛乳を合わせた、チョコミルクです。好みの分量で作れば良いので、あえて細かいことは言いません。作り方は、直接、氷を入れたグラスに注ぎ混ぜるだけです。

 少し大人な感じにするなら、リキュールを少なめにしてブランデーやラム酒を加えると、お酒の風味や飲みごたえがでます。また、シナモンやナツメグを軽くふりかけるのも風味が変化して味に高級感が出てきます。

写真:“ちょこ”っといかがですか?

“ちょこ”っといかがですか?

 ホットココアとブランデーのアルハンブラロイヤルというカクテルがございますが、ブランデーの代わりにリキュールを入れるというのも、ココアの風味が増しておいしくいただけます。

 カクテルではありませんが、アイスクリームやケーキにソースとしてかけるというのもおいしく、その感じでチョコレートパフェを作るのも良いでしょう。

 女性の皆さま、この機会に彼にプレゼントがてら、腕を振るってみてはいかがでしょうか。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。