岐阜酒好物語

コンクリートミキサー

写真:ベイリーズ・アイリッシュクリーム(右)とライム・ジュースの二つのグラスが出てくるコンクリートミキサー

ベイリーズ・アイリッシュクリーム(右)とライム・ジュースの二つのグラスが出てくるコンクリートミキサー

 コンクリートミキサーという、国内では、有名ではないカクテルをご紹介いたします。海外のごく一部で楽しまれていたようで、インターネットの普及がこれからというころに、とあるバーテンダーから伝え聞いた一杯です。

 聞いたバーテンダーのお店は閉店して、今は存在しませんが、そこに来店された海外のお客さまから教えていただいたということでした。

 使用するお酒は、ベイリーズ・アイリッシュクリームというリキュールと、ライム・ジュースという、わずか二つの材料だけを使います。

 お酒について少し触れておきますと、原産国はアイルランドで、原料はクリーム、アイリッシュ・ウイスキー、フレーバーにチョコ、バニラなどが配合されているリキュールです。

 昔から、アイルランドでは、ウイスキーにミルクを入れて飲む習慣があったようで、それを商品化しようと、1974年にR.&A.ベイリー社が作ったお酒です。通常、ほとんどのお酒には賞味期限がありませんが、ベイリーズには賞味期限が表記されており、それを過ぎて長期保管で凝固した場合、未開封のものに限りだと思いますが、新品に交換してもらえるという保証のついたお酒です。

 そんなお酒を使用した、コンクリートミキサーというカクテルですが、バーテンダーの仕事は、二つのショットグラスにお酒とライム・ジュースを個々に注ぐだけです。

 このカクテルの仕上げは飲み手となるあなたです。まずは、ベイリーズを先に口に含み、飲み込まず、ライム・ジュースを先のお酒と同じくらいの分量で口に含み、かむようにして口の中で混ぜます。すると、クリームとジュースで凝固作用が始まり、ブツブツとした不思議な食感を楽しみながら飲むカクテルの出来上がりとなります。

 このカクテルの注意点は、液体を多く口に含み過ぎないことです。含み過ぎると凝固に加え膨張する感覚もあるため、飲み込めず吹き出した方もいらっしゃいます。飲まれる時は、少しづつ口に運んでもらいたいと思います。

 たまには、チョットしたバツゲーム的な感覚もあるカクテルを、話のネタに楽しまれてみてはいかがでしょうか。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。