岐阜酒好物語

シャアのお酒

写真:シャアのお酒

シャアのお酒

 1979年にテレビ放送が始まり、今もその人気が衰えることなく、シリーズが続いている「機動戦士ガンダム」を知らない方は少ないと思います。

 お台場に、リアルスケールのガンダムが登場したり、解体されて新しいガンダムに変更されたり、またその解体中もニュースに取り上げられるなど注目度が高いアニメです。

 一番最初に放送されたシリーズの第12話「ジオンの脅威」で、シァア・アズナブルが言った「坊やだからさ」というセリフは、ファン以外の人でも知る方が多い場面です。

 この時に、シァアは地球のとある酒場で、お酒をロックで飲んでいましたが、このお酒は実在するものでもあり、ファンの間では有名です。

写真:坊やだからさ

「坊やだからさ」

 飲んでいたお酒は「ラ・マニー」というラム酒の「エルベ・ス・ボア(エルヴ・ソー・ボア)」という銘柄といわれています。

 ラ・マニーは、フランス領マルテニーク島に蒸溜所を構え、1749年に、ジョセフ・フェルディナンド・プーラン氏が設立しました。本格的に稼働を始めたのは、1900年代後半で、伝統的なアグリコール製法で造られているラム酒です。

 エルヴ・ソー・ボアの銘柄ですが終売となり、近年、中身は同じもので「1749 アンブレ」という名前になりました。銘柄の意味ですが、昔も今回も同じで、「樽熟成」ということです。

 アニメのガンダムもラム酒の名前も、時代と共に変化していますが、新しいラ・マニーで、「坊やだからさ」という気分に浸ってみてはいかがでしょう。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「岐阜酒好物語」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。