たい亭あたりの「おきらくご」
「落語ブーム」と言われます。
「女子の落語が熱い」
「イケメン落語家に
   群がる若い娘たち」
でも、メディアが報じるのは
ほんの一端に過ぎません。
だったらこの際美濃の地で、
上方落語と江戸落語、
両方気楽に語っちゃう、
名づけてこれが、
  「おきらくご」。
日本の真ん中岐阜でいざ、
開演です。
写真:勝者、ながら家千兵衛!

勝者、ながら家千兵衛!

 「今のはフロックだよな。そうに決まってる」。

 1回戦が終わり、40分の休憩時間に私は今、目の前で起きた番狂わせに何とか自分なりに説明をつけようと頭を巡らせていた。

 今まで他の学生大会で岐阜大学の学生が優勝、あるいは決勝進出したことはあるけれど、それは自分の中では想定内の事態。落語の基本を踏まえながら間を大切にする、その上でいかに自分を表現する事ができるかの勝負、それができた者が勝利を手にするはずだった。(続きを読む...)

 たい亭あたり
写真:たい亭あたり
岐阜では珍しい落語・演芸専門オフィスを主宰。
同時に岐阜市の小学校の落語クラブの外部講師を務め、
夏には学生落語の大会も主催するなど幅広く活動中。
夫人は武芸川で小さな喫茶店を経営。

たい亭あたりの「おきらくご」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。