古川の街へ

駅前には、古川祭の屋台が並んでいました町の中で見かけたこの標識。3年前の被害を今に伝えています

 9月8日のJR高山線全線再開から、もう1カ月以上も過ぎました。

 まだ続きます。

 打保駅で特急「ひだ6号」を見送り、普通列車で飛騨古川駅へ。高山線再開に合わせ、多くの催しが行われると聞いて行ってみたのですが… 予想以上のにぎわいでした。

 駅前には、古川祭の屋台が並んでいました=写真左=。

 少し待つと、特急「ひだ1号」の出発式の時間。ちょっと古川の町並みを見に行ってきました。

 で、町の中で見かけたこの標識=写真右=。3年前の被害を今に伝えています。

カテゴリー: 鉄道, 高山線復旧   作成者: 広瀬 丈士 パーマリンク

広瀬 丈士 の紹介

ぎふチャン報道制作局記者。 2013年4月まで岐阜新聞可児支局長。その前は編集局メディア・システム部、整理部にいました。 無類の鉄道・バス好き。 岐阜県内を中心に、鉄道やバスの話題、見どころ、楽しみ方を紹介していきます。その他、取材でのこぼれ話も紹介できるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください