急行「美濃太田駅開業90周年記念号」

【写真】可児川の鉄橋を渡る急行「美濃太田駅開業90周年記念号」=12日午後2時28分、可児市下恵土と広見の境の可児川

 美濃太田駅の開業90周年を記念した臨時急行列車「美濃太田駅開業90周年記念号」が12日、美濃太田―美濃太田間で運転されました。
 …ええ、運転区間は間違ってないですよ。

 経路は▽美濃太田から高山線を走り岐阜へ▽進行方向を変え東海道線に入り名古屋▽さらに中央線に入り多治見▽再び進行方向を変え、太多線経由で美濃太田に戻る―というもの。

 ん?太多線経由ということは、可児にも来るのか。

 というわけで、可児駅近くの可児川の鉄橋まで行ってきました。

 車両は、普段は特急に使われているキハ85系の5両編成。両端にはキハ85の貫通先頭車の車両が入り、中間3両は運転台がないキハ84。

 太多線では、キハ85系そのものは「ホームライナー太多」で走っていますが、優等列車としての入線は極めて珍しいのでは?

 それ以前に、「太多線の急行」というのが、自分は聞いたことがありません。国鉄時代も含めてこれまでに存在したんだろうか…

【写真】可児川の鉄橋を渡る急行「美濃太田駅開業90周年記念号」=12日午後2時28分、可児市下恵土と広見の境の可児川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください