14日の紙面から

 きのう(13日)、車体に織田信長のイラストを入れた岐阜バスの市内ループの新車が、市内でデモ走行しました。

 記事にも出ております。
信長バスお目見え 岐阜市でデモ走行、16日から運行

このバスについては、以前にこんな記事も出ていました
信長バス、いざ出陣 岐阜バスが公開

 しかし、岐阜バスさん、かなり力入ってるなぁ。
特設サイトまでありますよ。
http://www.gifubus.co.jp/news/newloop/index.html

 え、私ですか?きのうは、岐阜市まで見に行く時間は取れませんでした。

 何をしていたかと言えば、御嵩町役場に詰めておりました。

その成果物はこちら
名鉄広見線新可児―御嵩の存続問題 利用者数の目標下回る

この件については、なんというか、モヤモヤというか、そんな気分ですね。

 ただ、記事中には盛り込めなかったのですが、高校生の通学の足としての重要性が大きい区間です。

 沿線の高校は、御嵩町内に2校、可児市に2校。あと、代替バス乗り継ぎで八百津町に1校。

 それに、思った以上に可児市から御嵩町に向かう高校生がいます。すなわち、可児市民にとっても他人事ではない、ということが言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください