6月10日

気が付いたら6月ですよ。
6月10日。「時の記念日」や「路面電車の日」などになっていますが、きょうは別の話題。
今から45年前の1969年の6月10日、国鉄バスの夜行バス「ドリーム号」が運行を開始しました。
最初は東京―大阪が2往復、東京―名古屋―京都が1往復というダイヤだったそうです。
運行開始から45年。ドリーム号だけでも本数や系統はけた違いに増えましたし、そのほかの高速バス、夜行バスも含めれば、「交通のかたち」が様変わりしたといえるでしょうか。

JR岐阜駅前で発車を待つ「ドリームなごや」6号=2014年6月10日午後10時ごろ

気が付いたら6月ですよ。

6月10日。「時の記念日」や「路面電車の日」などになっていますが、きょうは別の話題。

今から45年前の1969年6月10日、国鉄バスの夜行バス「ドリーム号」が運行を開始しました。

最初は東京―大阪が2往復、東京―名古屋―京都が1往復というダイヤだったそうです。

運行開始から45年。ドリーム号だけでも本数や系統はけた違いに増えましたし、そのほかの高速バス、夜行バスも含めれば、「交通のかたち」が様変わりしたといえるでしょうか。

【写真】JR岐阜駅前で発車を待つ「ドリームなごや」6号。744‐09991=2014年6月10日午後10時ごろ

カテゴリー: バス, 夜行   作成者: 広瀬 丈士 パーマリンク

広瀬 丈士 について

ぎふチャン報道制作局記者。 2013年4月まで岐阜新聞可児支局長。その前は編集局メディア・システム部、整理部にいました。 無類の鉄道・バス好き。 岐阜県内を中心に、鉄道やバスの話題、見どころ、楽しみ方を紹介していきます。その他、取材でのこぼれ話も紹介できるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください