名鉄広見線(新可児~御嵩間) 2016年度以降も支援継続

名鉄広見線の電車。顔戸~明智間=2015年8月27日

名鉄広見線の電車。顔戸~明智間=2015年8月27日

先日、久々に御嵩に行ってきました。

名鉄広見線活性化協議会の取材です。

すでに報じたとおり、2016年度以降も可児市と御嵩町による運行支援を継続することとなりました。

岐阜新聞Webの記事は次の通り

名鉄広見線支援を3年継続 可児市と御嵩町で毎年1億円

さて、この広見線の活性化協議会は公開で行われました。

自分が可児にいたときから、ずっと公開で、地域に欠かせない社会インフラについて話し合うのだから、これが当たり前と思っていました。

ところが、どうやら西のほうではそうではないようで…

この間も、多度までいってお地蔵さんのように座っている「偉い人」を2分ぐらい撮っただけで会議室から追い出されましたよ…(事前に言い渡されてましたけどね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください