名鉄3400系「いもむし」

名鉄3400系「いもむし」のさよなら運転で、可児川―西可児間の可児川の鉄橋を渡る新可児行き普通=2002年8月31日

名鉄3400系「いもむし」のさよなら運転で、可児川―西可児間の可児川の鉄橋を渡る新可児行き普通=2002年8月31日

手持ち写真の整理をしていたら、懐かしい写真を見つけました。

名鉄3400系のさよなら運転のときの一コマ。
2002年8月なので、もう15年前の話になるんですね。

場所は広見線の可児川の鉄橋。
まさか、このときは、ここが仕事場になるなんて全く想像もしてませんでした。

「可児川の鉄橋」ではありますが、市道のアンダーパス越しに撮ってるので、川がまったく写っていないという…
今なら、もう少し先の下流側に行きますね、これ。
確か、「良さそうな鉄橋があったので降りてみたけど、なかなか構図が決まらず時間切れ」だったんじゃなかったかなぁ…

【写真】名鉄3400系「いもむし」のさよなら運転で、可児川―西可児間の可児川の鉄橋を渡る新可児行き普通=2002年8月31日

カテゴリー: 名鉄広見線, 鉄道   作成者: 広瀬 丈士 パーマリンク

広瀬 丈士 について

ぎふチャン報道制作局記者。 2013年4月まで岐阜新聞可児支局長。その前は編集局メディア・システム部、整理部にいました。 無類の鉄道・バス好き。 岐阜県内を中心に、鉄道やバスの話題、見どころ、楽しみ方を紹介していきます。その他、取材でのこぼれ話も紹介できるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください