「ぎふ鉄道博物館」開幕

岐阜県内のローカル鉄道の車両の模型を、風景とともに紹介する展示

岐阜県内のローカル鉄道の車両の模型を、風景とともに紹介する展示

岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で29日、恒例のイベント「ぎふ鉄道博物館」が開幕しました。

初日の29日と30日は、このブログでもおなじみの「ぎふトレ」さんが出展しています。

疾走する381系「しなの」の模型

疾走する381系「しなの」の模型

 自分がおじゃましたときは、鉄道模型の走行のほうでは、JR在来線は313系や381系、新幹線では100系などが走っていました。

また、展示では県内ローカル鉄道の車両が風景とともに並んでいるほか、今では懐かしく感じる急行列車も並んでいました。
高山線の急行「のりくら」とか「たかやま」、懐かしかったです。

5月3日以降も、各種団体による展示やイベントがありますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

【写真1】岐阜県内のローカル鉄道の車両の模型を、風景とともに紹介する展示
【写真2】疾走する381系「しなの」の模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください