「ひだ」後継はハイブリッド車

特急「ひだ」「南紀」のキハ85系の後継となる車両について、ハイブリッド方式による車両を開発するとJR東海から発表がありました。

概要を記しておくと
▽エンジンの発電とブレーキ時に蓄電池にためた電力を組み合わせ、モーターを回す
▽2019年末に試作車(4両編成)を製造。1年間をめどに性能試験や耐久試験
▽量産は2022年度の投入をめどに検討

キハ85の登場は、分割民営化直後の1989年。
今でも古さを感じないですが、ほぼ30年選手になるんですよね。

カテゴリー: 鉄道, 高山線   作成者: 広瀬 丈士 パーマリンク

広瀬 丈士 について

ぎふチャン報道制作局記者。 2013年4月まで岐阜新聞可児支局長。その前は編集局メディア・システム部、整理部にいました。 無類の鉄道・バス好き。 岐阜県内を中心に、鉄道やバスの話題、見どころ、楽しみ方を紹介していきます。その他、取材でのこぼれ話も紹介できるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください