ぎふ鉄道博物館vol.11

「ぎふ鉄道博物館vol.11」の会場=2017年11月3日、岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43

「ぎふ鉄道博物館vol.11」の会場=2017年11月3日、岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43

岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で、すっかり恒例となったイベント「ぎふ鉄道博物館」の11回目が、11月3日から5日にかけて開かれています。

紙面でも4日付けの県内版に記事が出てました。ウェブにも出てます

展示内容は日によって異なるのですが、初日には、このブログでもおなじみのぎふトレ  の皆さんが出展していました。

内容を少し紹介します。

中央の大きな空間では、県内で姿を見る(見た)JRの新幹線や在来線、名鉄の列車が走っていました。

今回、注目したのは、模型で特急「ひだ」の編成を紹介するという企画。
特急「ひだ」は、車両こそすべてキハ85ですが、列車によって長さが違うという特徴があります。
基本となる編成はあるのですが、観光シーズンには10両編成が出る一方で、早朝深夜の臨時には3両という列車も。これを、時間ごとに模型で再現するというものです。

展示のほうでは、10年前の岐阜県内の鉄道の出来事を模型車両にちなんで紹介するコーナーや、JR発足30年にあわせ、県内で見られる車両の顔ぶれの移り変わりといった展示がありました。
前者は、養老鉄道の発足や、JR高山線の台風23号からの復旧といった事柄が紹介されていました。
後者では、新幹線なら0系、100系が700系、N700系に。在来線では、普通・快速電車は113系、117系から311系や313系に、といった顔ぶれ。懐かしいというか10年、30年という時の流れを感じた次第。
「ぎふ鉄道博物館vol.11」そのものは5日まで開かれていますので、時間がある方はいかがでしょうか。

【写真】「ぎふ鉄道博物館vol.11」の会場=2017年11月3日、岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください