御嵩駅のひな人形

名鉄広見線御嵩駅の駅舎。駅舎内の観光案内所をよく見てみると…

名鉄広見線御嵩駅の駅舎。駅舎内の観光案内所をよく見てみると…

2018年の2月も後半に入っております。
…中の人が体調を崩すなどいろいろありましたが、どうにかなっております。

そんな中、17日に久々に御嵩に行ってきました。

ちょうどこの日から、ひな人形を店先などに飾る催し「御嶽宿・伏見宿のひなまつり」が始まったそうで、名鉄広見線の御嵩駅でひな人形を見てきました。

御嵩駅の観光案内所に飾られたひな人形

御嵩駅の観光案内所に飾られたひな人形

御嵩駅は、新可児ー御嵩間の電車のワンマン化と同時に無人駅になりましたが、いまでは駅舎には御嵩町の観光案内所が入っています。
観光パンフレットが並ぶ中に、立派なひな人形が飾られていました。

ひな人形はこのほか、御嵩駅周辺の御嵩宿一帯と、明智駅近くの伏見宿一帯に飾られています。
期間は3月11日(日)まで。

期間中は、スタンプラリー(先着100人)や、体験型のイベントもあるそうです。

名鉄広見線の車窓。御嵩口―顔戸間で可児川を渡る

名鉄広見線の車窓。御嵩口―顔戸間で可児川を渡る

さて、言うまでもなく、御嵩へは名鉄広見線の電車で行ったわけですが、改めて、自分はこの路線が好きなんだなと再認識しました。
この路線を残すためにどうすればいいのか。

実は、今回の御嵩行きは、それを改めて考えるためのものでした。
言い換えると、「地域の本気」を確かめることでしょうか。

【写真1】名鉄広見線御嵩駅の駅舎。駅舎内の観光案内所をよく見てみると…
【写真2】御嵩駅の観光案内所に飾られたひな人形
【写真3】名鉄広見線の車窓。御嵩口―顔戸間で可児川を渡る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください