3月11日

高台に移設されたJR仙石線の野蒜駅=2017年3月

高台に移設されたJR仙石線の野蒜駅=2017年3月

3月11日。
2011年の午後2時46分を境に、この日の持つ意味が大きく変わりました。

自分の場合、7年前は、御嵩駅前で東日本大震災の揺れを感じていました。

支局の記者、放送局の記者やニュースの取りまとめ役、そして、新聞紙面の編集と、この7年で自分の立ち位置というか役割にも変化がありました。

日々のニュースを扱う身としては、この日は年に何日かある特に大切な日の一つという点に変わりはありません。

写真は、昨年春のJR仙石線の野蒜駅です。

仙石線の沿線も津波の被害が出た地域で、野蒜駅と隣の東名駅の付近は、内陸部の高台にできた住宅地付近に線路を移設した区間です。

高台にある野蒜駅から下っていくと、旧野蒜駅にたどり着きます。

【写真】高台に移設されたJR仙石線の野蒜駅=2017年3月

カテゴリー: 東日本大震災, 鉄道   作成者: 広瀬 丈士 パーマリンク

広瀬 丈士 について

ぎふチャン報道制作局記者。 2013年4月まで岐阜新聞可児支局長。その前は編集局メディア・システム部、整理部にいました。 無類の鉄道・バス好き。 岐阜県内を中心に、鉄道やバスの話題、見どころ、楽しみ方を紹介していきます。その他、取材でのこぼれ話も紹介できるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください