FC岐阜は29日、JFLのTDK(秋田)からFW大友慧(25)を新戦力として獲得したと発表した。同日のチーム初練習にも参加した。今季4人目の補強となる。

 大友は鹿島ユースから2000年にJ1昇格前のJ2仙台に入団。2002年は昇格に伴いJ1でプレーし、4試合に出場した。03年はJ2鳥栖。04、05年はJ2時代の横浜FCでプレーした。J2では通算5シーズンでリーグ戦161試合に出場、計16得点を挙げている。

 06年はドイツ・州リーグのライムスバッハに移籍したが、同年11月から当時東北リーグのTDKに移籍。FC岐阜もJFL昇格を懸けて戦った「全国地域リーグ決勝大会」では、FC岐阜が0―1でTDKに敗れた決勝ラウンド第1戦で、1得点を挙げている。

 千葉県出身で、172センチ、73キロ。29日の練習では他のメンバーと同じメニューをこなした。

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2