決勝ゴールを決めたFC岐阜のFW片桐淳至=長良川競技場<FC岐阜1―0鳥栖>
 前半43分、FC岐阜のFW片桐淳至が待望の先制点を奪った。左サイドをオーバーラップしたDF吉村光示がゴール前にクロス。その球を体ごと押し込むように頭で合わせた。「森山さんに勝利をプレゼントしたかった。いいボールが来たので、気持ちで飛び込んでいった」

 今季、ここまで38試合に出場し8得点。だが、チームは9勝しか挙げられず、ホームでは第24節以来勝ち星がない。「今のメンバーで戦うのも最後。ホーム最終戦で絶対に勝ちたかった」と言う。

 今季限りで引退するFW森山泰行とは、東海社会人リーグからともに歩んできた。後半35分に森山と途中交代する際には「頑張って」と声を掛けたという。試合後には「もっと一緒にプレーしたかった」と引退を惜しんだ。

 今後は、チームのメンバーが大幅に入れ替わる。「チームのスタイルが変わっても負けないチームにしていきたい。ベテランになってきたが、チームをまとめられる選手になっていきたい」と、来季に向けて意気込みを語った。

(写真)決勝ゴールを決めたFC岐阜のFW片桐淳至=長良川競技場

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2