途中出場し、ドリブルでサイドを上がるFC岐阜のFW森山泰行=長良川競技場<FC岐阜1―0鳥栖>
 後半35分、途中交代のためピッチに現れただけで、スタジアムが沸いた。試合後、セレモニーでマイクの前に立ち、声を詰まらせてサポーターへの感謝を告げた。FW森山泰行、現役最後の勇姿。「選手の森山泰行はおしまいです。これからは世界一の指導者を目指して、森山らしく生きていきたいと思います」。しっかりとその姿をサポーターの目に焼き付け、“ミスターFC岐阜”がピッチを去った。

 後半41分が最大の見せ場だった。MF嶋田正吾の右クロスに足から飛び込んだ。ボールまであと10センチ。「決めれば“星三つ”だったのにね。終わりはあんなもんでしょ。お客さんが沸いたからいいんじゃないかな」。すがすがしい笑顔だった。

 Jリーグ1部(J1)から数えて5部に当たる東海2部時代のFC岐阜に入団し、「岐阜からJへ」の機運に火を付けた。森山を慕ってMF北村隆二らJリーガーも続々と入団し、チームは破竹の勢いでJ入りを実現。「FC岐阜をJまで導いてこれた達成感はある。思い描いていた夢を8割ぐらいは達成できた」(森山)という4年間だった。

 セレモニーでの最後の一幕が、実に森山らしかった。「僕を慕って来てくれた多くの仲間に感謝したい」と話し、深々と頭を下げたのだ。MF北村らは、今季限りでFC岐阜を去ることが決まっている。FC岐阜の、一時代の終わり。観客席ではサポーターがつくった「森山あって岐阜がある」との横断幕がはためいていた。

(写真)途中出場し、ドリブルでサイドを上がるFC岐阜のFW森山泰行=長良川競技場

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2