声援を送るサポーター=岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43 サッカーJ2のFC岐阜のアウェー戦を大型モニターで観戦するイベントが15日、岐阜市橋本町の岐阜シティ・タワー43で開かれ、サポーターらが声援を送った。
 FC岐阜の後援会「オレンターノ岐阜」などでつくる実行委員会が、地元商店街と一体となって、FC岐阜を応援しようと初めて企画した。
 会場前のスクエア43には、アクティブGや玉宮町、柳ケ瀬商店街の飲食店29店が協力しカツサンドなどの屋台を出店。協力するそれぞれ店舗にイベントのチラシを持って行くと飲食代を割り引くなどのサービスも行った。
 試合観戦には、サポーターら約300人が集まり、FC岐阜の奮闘を見守った。会社員の森岡宏明さん(24)=愛知県江南市=は「街とファンが一体となったイベントで楽しかった。今後も開いてほしい」と話していた。

(写真)声援を送るサポーター=岐阜市橋本町、岐阜シティ・タワー43

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2