サッカーJ2、FC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブ取締役会長の薫田大二郎氏(70)が、来年1月31日付で退任することが分かった。薫田氏が1日明らかにした。
 薫田氏は2012年9月にFC岐阜社長に就任。昨年4月、恩田聖敬氏の社長就任に伴い、会長となった。取締役は来年4月まで続ける。
薫田氏は県事業経営局長、岐阜市助役などを歴任。赤字経営の続くクラブの財政再建に奔走した。「(FC岐阜の)火を消さずにここまで来ることができた。残りの任期を全うしたい」と話した。

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2