サッカーJ2、FC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブ(岐阜市)は15日、同クラブの宮田博之社長がグアムスポーツ・文化名誉大使に就任したと発表した。
 岐阜市出身の宮田社長は、三井住友建設社長やレオパレス21取締役専務執行役員などを経て、2012年1月にレオパレス・グアム・コーポレーション社長に就任。グアムのリゾートホテルを経営したほか、Jリーグクラブのキャンプ地としての利用を促進するなど貢献。今後も貢献が期待されるとして、昨年12月に名誉大使に選ばれた。
 宮田社長は「日本とグアムのさらなる発展のため尽力したい」とコメントした。

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2