20160321_1 明治安田J2の第4節は20日、全11試合を行った。FC岐阜は、アウェーのニンジニアスタジアム(松山市)で愛媛と対戦し、3-0で快勝し、2連勝で2勝2敗。勝ち点を6に伸ばして10位に浮上した。

 岐阜は前半38分に、右サイドのDF益山のクロスボールをMF水野がつなぎ、ゴール前に詰めていたFW滝谷が左足で合わせて先制。試合を有利に進めて後半に臨むと、6分に、左サイドを崩したFWレオミネイロのクロスにMF風間が反応し追加点を挙げた。29分にはレオミネイロが、途中出場のFW難波とともに敵陣でボールを奪い、冷静に右足でシュートを決めて3点目。守ってはDFの阿部と田代を中心に粘り強いマークで、愛媛を無失点に抑えた。

 そのほか、C大阪は山形を1-0で下し、4連勝で勝ち点を12とした。熊本は北九州と1-1で引き分けて開幕からの連勝が3で止まり、群馬を2-1で破った讃岐とともに同10。

 第5節の岐阜は26日、ホームの長良川競技場で、19位の水戸と戦う。

(写真)岐阜×愛媛=前半38分、右サイドからのクロスボールを、左足で合わせて先制ゴールを決める岐阜のFW滝谷(左)=ニンジニアスタジアム

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2