J2のFC岐阜は1日、宮崎市の生目の杜運動公園で宮崎キャンプを開始した。選手らは午前に移動後、午後の約2時間のトレーニングで汗を流した。

 練習開始前に新加入選手の紹介があり、練習生として大阪キャンプに参加したMF全山海と、1日にチームに合流したMFハムが正式にチームに加わった。

 選手は複数のグループに分かれてパス回しを行った後、両サイドのクロスからシュートに至るまでの流れを練習した。大木監督はクロスを出す方向をチェックしながら、シュート後の守備に戻る速さにも言及。「クロスはマイナスに出すな。すぐにディフェンスに切り替えろ」などと細かな注文を送った。

 第2日は2日、鹿児島県霧島市の国分運動公園陸上競技場でJ1長崎と練習試合を行う。

クロスからシュートまでの流れを練習する選手たち=生目の杜運動公園

 

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2