J2、FC岐阜の宮崎キャンプ第2日は2日、鹿児島県霧島市の国分運動公園陸上競技場でJ1長崎と練習試合を行った。45分を3本戦う形式で、合計スコア4-1で岐阜が勝利を収めた。

 1本目はGKビクトル、DFは阿部や田森、中盤にMF小野、前線にFW古橋、MF山岸らが出場。開始直後の4分にゴール中央からシュートを許して失点した。その後も岐阜が守勢に回る時間が続いたが、43分に守備ラインからのロングパスを、ゴール前の古橋が胸トラップ。反転して右足を振り抜いて1-1とした。

 2本目も同じ選手構成で臨み、14分に相手の縦パスを奪って素早い攻撃を仕掛けると、最後は山岸がGKをかわしてシュートを沈めた。5分後には、GKがMF永島のシュートをはじいたこぼれ球を、再び山岸が押し込んで得点。23分に選手10人が交代し、41分にMF中島が得点して突き放した。0-0だった3本目はGK原田が活躍した。相手選手との1対1を何度も止めて存在感をアピール。FWライアン、MFハムは20分程度の出場にとどまった。

 第3日は3日、宮崎市の生目の杜運動公園で午前と午後の2部練習を行う。

J1長崎との練習試合で2得点を挙げたMF山岸(手前右)=国分運動公園陸上競技場

 

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2