FC岐阜のオフィシャルサポートソングを制作した人気バンド「cinema staff(シネマスタッフ)」のメンバーがチームの練習場を訪れ、主将のMF小野悠斗選手と写真撮影などで交流した。

 シネマスタッフは県出身者らで結成した4人組バンド。サポートソングの「HYPER CHANT」は、FC岐阜のために書き下ろした楽曲で、1月22日にネット配信でリリースした。

 岐阜市北西部運動公園(同市曽我屋)での練習後、小野選手がシネマスタッフの三島想平さん、飯田瑞規さん、辻友貴さん、久野洋平さんと面会。小野選手は「試合前に『さあ行くぞ』という気持ちになれる曲。サポーターと一つになって目標の1桁順位を目指したい」と感謝した。

 昨年にFC岐阜の試合を観戦したリーダーの三島さんは「サポーター目線で、スタジアム全体で一緒に歌える曲を作った」と話した。

シネマスタッフの4人と談笑する小野悠斗選手(左端)=岐阜市曽我屋、市北西部運動公園

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2