明治安田J2は25日、開幕し、全11試合を行った。FC岐阜はアウェーのレベルファイブスタジアム(福岡市)で福岡に0-2で敗れ、19位でのスタートとなった。

 岐阜は、前半5分、左サイドのクロスからオーバーヘッドを決められ先制を許すと、その後も素早いプレスとサイドを広く使った攻撃に苦しみ、前半のシュートは左CKからFW山岸のヘディングシュート1本に終わった。後半に入ってからは、パスをつなぎながらもサイドチェンジを使い、少しずつ前へと攻める機会が増えた。後半19分に福岡のPKをGKビクトルが止めるなど岐阜に試合の流れが傾き始めたが、パスミスや連係不足が響き、後半35分にはゴール前でのパスを止められず追加点を決められた。

 第2節の岐阜は、3月3日、ホーム開幕戦の長良川競技場で、11位横浜FCと戦う。

福岡×岐阜=前半、相手をかわしてドリブルで攻め上がるFW古橋=レベルファイブスタジアム

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2