◆後半戦の復帰目指す

 「どんな練習をやるのか楽しみで、早く戦術を覚えていきたい」。桐蔭横浜大卒のFW石川大地(21)は胸を躍らせていたが、1月12日の静岡キャンプ中に左膝前十字靱帯(じんたい)を損傷。現在はチームを離れ、治療に専念している。

  大学時代は2トップの一角だったが、「岐阜の3トップの中央も問題なくやれるはず」と石川。オフザボール(ボールのない場面)の動きに優れ、全日本大学選抜に入った経験もある。

  けがは全治約8カ月。サポーター向けイベントでは「後半戦の復帰を目指して頑張る」と宣言し、応援を求めた。焦らずに治療を続けてほしい。

チームの初練習後、DFイヨハとランニングするFW石川(右)

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2